超音波がネズミに聞く理由 

動物別の可聴域の違い

ヒトが聞き取れる領域は20Hz〜20kHzネズミが聞き取れる領域は200Hz〜68kHz。20kHz以上の超音波を使用

ヒトが聞き取れない音を大音量で

ヒトにとっては何もなってないように感じてもネズミにとっては車の警笛が鳴り響いているような環境

ネズミが嫌う周波数

鳥取大学農学部との共同研究で得た知見を基に、ネズミが嫌う周波数の超音波を出力することでより効果を高めています

世の中には様々な音がありますが、ヒトが聞き取れる音はその一部で、低い音は20Hzほど、高い音は20,000Hz(20kHz)ほほどで、この範囲を『可聴域』と呼びます。一般的に20kHzよりさらに高い音を『超音波』と呼んでいます。ネズミの場合は超音波を使いコミュニケーションを取っている事もわかっています。Evasi(エバジー)は、人間には何もなっていないないように感じてもネズミにはとてもうるさく耐え難い音がなっている環境を作り出し、寄せ付けない仕組みとなっています。